ジブンジブン

ドコモから実際にUQモバイルにMNPで乗り換えた管理人が、UQモバイルに乗り換える際のポイントをご紹介します。

ドコモからUQモバイルへ乗り換えを考えた場合、一番最初にすることがスマホのSIMロック解除の手続きです。

今回はSIMロック解除の方法を詳しく見ていきましょう。

 

SIMロック解除はどんな時に必要?

ドコモから月額料金の安いUQモバイルへ乗り換える場合、SIMロック解除が必要な場合とそうじゃない場合があります。

SIMロック解除が必要になるのは今使っているスマホをUQモバイルでも継続して使いたい場合です。

-SIMロック解除が必要なケース-
  ⇒ 今使っているスマホをUQモバイルでも使いたい場合

ドコモで購入したスマホはSIMロックという鍵がかけられており、ドコモでしか利用できないように設定されています。ソフトバンクもauも同様の鍵をそれぞれで設定しています。

この鍵の設定を解除しなければ、他の携帯会社でスマホが使えない仕組みになっています。

SIMっていうものがよく分からない!という場合はこちらの専用記事へどうぞ↓

ドコモのスマホ SIMロック解除しても問題ないの?

最初に結論を言うと全く問題ありませんSIMロック解除をしてもドコモを使い続けることもできます

SIMロックはもともと大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)が、自分達の利益を重視して取り入れた制度です。
キャリアによってSIMロックされているので、例えばドコモからauに乗り換えたい場合などでは、スマホを買い替えないといけませんでした。スマホを新規で購入するとなると消費者はそれだけ出費もかさみますし、キャリアを自由に選べないという状態にもなっていました。
携帯電話からスマートフォンにシフトする中で、スマホの端末の代金は何万円もするようになりました。買い替え自体が消費者に大きな負担となり、キャリアがスマホの買い替えを促すようなSIMロックが問題になりました。SIMロック自体がキャリアにしかメリットがないことから、総務省がキャリアに対し2015年からSIMロック解除義務化しました。

SIMロック解除は義務化されましたが、キャリアは大々的に案内は出していません。ユーザーが自分から行わないと解除されない仕組みです

SIMロックというのは日本だけしかなく、海外では最初からSIMフリー(SIMロックがかかっていない)スマホしか売られていません。

SIMロックを解除すれば、大手キャリアだけでなく格安SIMを提供している会社のSIMも使えるようになります。

SIMロック解除はドコモを契約している間にしておこう!

ドコモを契約している間なら、SIMロック解除はMydocomoから無料で行うことができます。

ドコモを解約してしまった場合はドコモショップでお願いすることになるのですが、3,000円の手数料が必要となります。
また3ヶ月以上経過している場合は受け付けてもらえません

今使っているスマホやiPhoneでUQモバイルへ乗り換えを考えている場合は、早めにSIMロック解除は行っておいた方が良いです。

ドコモのスマホ SIMロック解除する方法

では、ここから実際にドコモで使っているスマホのSIMロック解除の方法をご説明していきます。

SIMロック解除に必要になる条件や、お得にするSIMロック解除をする方法まで順番にご紹介します。

SIMロック解除できるスマホには条件がある

SIMロックを解除するには条件が2つ設定されています。

■SIMロック解除の条件■

2015年5月以降に発売されたスマートフォンである
② 契約開始から180日以上経過している

2015年5月以前に発売されたスマホではSIMロック解除してもらえません。iPhoneでいうとiPhone6SからSIMロック解除ができます。それ以前に発売されたiPhoneはドコモでSIMロック解除してもらうことはできません。
中古でスマホを入手しようと考えている場合は注意が必要です。

ドコモでスマホを購入(契約)して180日以上経過していないとSIMロック解除できません。ドコモでスマホを入手しても6ヶ月間はSIMロック解除はできない仕組みになっています。スマホを手に入れたら6ヶ月経ってからSIMロック解除の手続きを行いましょう。

2015年5月以降販売されたスマホを持っていて、ドコモで契約してから180日以上経っているならSIMロック解除をおすすめします!

ドコモのSIMロック解除方法は3つ/My docomo・電話・ドコモショップ

ドコモの場合、SIMロック解除の方法は3つあります。自分でMy docomoから手続きする方法、電話で申込みする方法、ドコモショップへ行き依頼する方法です。

電話やドコモショップでSIMロック解除をお願いすると、3,000円の手数料が必要となります。自分でMydocomoから手続きを行った場合のみ無料です。難しいこともなく5分ほどでできるので、この方法が一番おすすめです。

■docomoでSIMロック解除する方法■

My docomo(パソコン)で実施    ・・・手数料:無料!
② 電話(151)で申込み       ・・・手数料:3,000円
③ ドコモショップで依頼      ・・・手数料:3,000円

My docomoから手続きする場合パソコンが必要!

My docomoへはスマホからもアクセスできますが、SIMロック解除はパソコンからMy docomoへアクセスしないとできないようになっています。

SIMロック解除するにはインターネットにつながったパソコンを用意しましょう。

My docomoからSIMロック解除の手続きをしよう!

準備する物
①ネットにつながったパソコン

② SIMロック解除したいスマホ
③メモとペン

スマホの操作手順:IMEI番号を調べる

SIMロック解除にはスマホのIMEI番号=製造番号というものが必要になります。

ドコモのシステムに登録されている”どのスマホ”のSIMロック解除をしますか?という際に入力する個々のスマホが持つ識別番号です。

My docomoでSIMロック解除手続きをする前に調べておくとスムーズに作業できます。

iPhoneでのIMEI番号の調べ方

①「設定」をタップして、「一般」をタップ。

 

②「情報」をタップ。

 

③画面下の方に「IMEI」という項目がある。この番号をメモする。

IMEI番号の調べ方その2

多くのスマホ(iPhoneでも)下記の方法で調べられます。

電話番号入力画面で、*#06#と入力する。

桁数の多い数字が表示されたら、それがIMEI番号です。

 

パソコンでのSIMロック解除の操作手順

①パソコンからMy docomoログインします。

②サービス一覧のドコモオンライン手続きの「もっと見る」をクリックします。

SIMロック解除の手続き先のリンクは、少し見つけにくい所にあります。SIMロック解除は他の携帯電話会社に乗り換える準備なのでドコモとしては盛んにおすすめしたくないんでしょうね。

 

③画面下の方 その他にある「SIMロック解除」をクリック。

画面を一番下までスクロールしないとSIMロック解除のリンクは出てきません。

 

④使っているスマホのIMEI番号を入力する。

最初にスマホで調べてメモを取った番号です。

 

⑤SIMロック解除の注意事項を開いて、SIMロック解除の注意事項に同意するにチェックをいれる。

「SIMロック解除の注意事項」のリンクを開いて最後まで読まないと、チェックが入れられない仕組みになっています。

 

⑥受付確認メールを選んで「次へ」をクリックし、申し込む。

 

⑦手続き完了画面が出れば申し込み完了!

iPhone6SでSIMロック解除したときには必要なかったのですが、SIMロック解除コードが必要な端末もあるため、解除コードをメモしておくと安心です。

あとはドコモではない他社のSIMカードをセットしてアクティベートすればOKです。

このあとは実際にUQモバイルに申し込みして、新規のSIMカードが手元に届いてからの操作となりますので、一先ずここまででドコモ側のSIMロック解除の手続きは終了です!

 

SIMロック解除ができない!エラーコード43121

ドキドキしながら作業していたのですが、管理人はこのエラーが出ました・・・。

もしエラーコード43121と表示された場合は専用記事を参照してください↓

エラーが出る原因と解除方法をまとめています。

 

SIMロック解除後の流れ

SIMロック解除の手続きを終えれば、次はMNP予約番号の入手です。

MNP予約番号の入手についてはこちらの専用記事をご覧ください↓