管理人はドコモからUQモバイルに乗り換えで、スマホ代は安くなったし使い心地も大満足しています。

UQモバイルは格安SIM&格安スマホの中でもクセがなく、多くの人が使いやすいサービスだと感じています。それでも、どんなサービスも合う合わないが存在するものですよね。

今回はUQモバイルに乗り換えが向いている人、向いていない人について詳しく見ていきます!

乗り換えようか迷っている場合には、ぜひ参考にしてみてください!


こんな人にはUQモバイルは向いていない

UQモバイルは2017年9月の調査で『格安SIMサービスで顧客満足度第1位』を獲得しています!格安SIMを提供している会社はじつは…500社以上あるんです。その中での満足度高いという結果は、管理人は実際に使っているので納得です。

満足度が高いからといって”すべての人に合うサービスか?”といったらそうではないです。多くの人には喜ばれるけど、そうじゃない人ももちろんいます。

UQモバイルが向いていない人
  • 一番の優先事項が月額料金が安いこと!
  • とにかくスマホ代を安くすることを追求する場合

とにかく格安SIMやスマホ代は安い料金がいい!!

格安SIMや格安スマホの魅力は利用料金が安いことです。でもスマホ代をとにかく安くしたい人/安さを追い求める人には、ちょっとUQモバイルは向いていないです。

どういうことか一つずつ説明しますね。

UQモバイルは大手キャリアと格安会社の”真ん中”

イメージ的には、UQモバイルはドコモ/au/ソフトバンクといった大手キャリアと、格安SIMを提供しているMVNO(格安SIMの会社のこと)のちょうど中間くらいのサービスです。

他のMVNOでは回線を大手キャリアにレンタル料を支払って貸してもらうことでサービスを提供しているのに対し、UQモバイルは自社でインターネット回線(WiMAX)を持っています。このインターネット回線を同じKDDIのグループであるauに貸し、かわりに電話の回線をauに借りることでサービスを提供しています。

自社で回線を持っていることは、安定したサービスを提供するには好都合です。ですが、自社で回線を持つことは設備にコストがかかるため、回線を100%レンタルしている会社よりスマホ代が高くなる傾向があります。設備をたくさん持っている大手キャリアのスマホ代がとても高いのはこのためです。

ポイント!

【格安SIM】回線を自社で持たない=設備費が不要→月額料金は安い。
【大手キャリア】回線を持っている=設備費がかかる→月額料金は高い。

【UQモバイル】ネット回線を自社で持つ→月額料金は他の格安SIMより少し高い

UQモバイルは格安SIMの位置づけですが、『自社で回線を持っていること/料金設定/サービスの安定性』など全般を通してみると、ちょうど大手キャリアと格安SIM(MVNO)の間位の位置の会社だと言えます。

UQモバイルが最低料金が2,000円ほどかかるのに比べ、とにかく料金を安くしたい場合はマイネオ(mineo)なら月々700円で利用できます。やはり回線を持たずにキャリアからレンタルしてサービスを提供している会社は月額料金がUQモバイルよりも安いです。

とにかく安い格安SIMを!という方は参考にしてください

UQモバイルは14ヶ月以降に料金がアップする

この料金システムはUQモバイルだけではないのですが、2年目に月額料金がアップするのに注意が必要です。格安SIMを利用してスマホ代をできるだけ抑えたい場合には、この点は特に気をつけたいです。

使いやすくて料金割引が大きい『おしゃべりプラン/ぴったりプラン』ですが、1年目は13ヶ月間イチキュッパ割という特別な割引が適用されて月額料金が1,000円引きからスタートします。14ヶ月目以降は”イチキュッパ割”が終了してしまうので、月額料金は1,000円アップになります。

イチキュッパ割引終了時の月額料金
プランS :1,980円→2,980円
プランM:2,980円→3,980円
プランL :4,980円→5,980円
*おしゃべりプラン/ぴったりプランともに同じ

1,000円アップを知らないで申し込みしてしまうと、とても損した気分になってしまいますね。

 

料金プランや割引について、もっと詳しく知りたい場合は専用記事を参考にしてくださいね!↓

1,000円アップしても…それでもキャリアより安い!

14ヶ月目以降からの月額料金の1,000円アップは大きいですが、それでもドコモ/au/ソフトバンクなどの大手キャリアよりはとてもお得です!

管理人はドコモの時には月々6,000円ほど月額料金かかっていましたが、UQモバイルに乗り換え後は2,000円になりました!さらに同じ時に乗り換えた従姉妹の場合は、スマホの使用量が多かったのでドコモの時は8,000円程度かかっていたのが3,000円になっています。

管理人の場合(ドコモ パケットS→ ぴったりプランS)
ぴったりプランSを利用 (ドコモの時:スマホ代 6,000円)

1年目は月々4,000円の節約。13ヶ月間で52,000円お得に!2年目はイチキュッパ割が終わるので3,000円の節約が12ヶ月間ということで36,000円お得になる。

つまり2年間で考えると88,000円の節約になります。

従姉妹の場合(ドコモ パケットM→ ぴったりプランM)
ぴったりプランMを利用 (ドコモの時:スマホ代 8,000円)

1年目は月々5,000円の節約。13ヶ月間で65,000円お得になる!2年目はイチキュッパ割が終わるので4,000円の節約となり12ヶ月間で48,000円お得になる。

つまり2年間で考えると113,000円の節約になります!!

UQモバイルは14ヶ月目以降には1,000円アップとなりますが、それでも大手キャリアを使用していた時よりはメチャクチャお得になっています!

 

ドコモからUQモバイルに乗り換えてどれくらい安くなった?の詳しい記事はこちらです↓

管理人の場合(スマホの使用量が少ない:ぴったりプランS)

従姉妹の場合(スマホの使用量は多い:ぴったりプランM)

UQモバイルの強みは安心できるサービス!

格安SIMを提供しているMVNOは500社もありますが、ユーザーが納得できるサービスを提供している会社はとても少ないのが現状です。

料金がいくら安くても、電波の状況などが悪くて思うようにスマホを使えなければ意味がありません。また、電波などの状況は満足できても、料金が高すぎれば大手キャリアを使った方が良いですよね。UQモバイルはとてもバランスが取れたサービスで、ユーザーの満足度がNo.1になっています!

UQモバイルの速度は格安SIMでNo.1!ドコモより速かった!?

UQモバイルの最大の強みはデータ通信の速度です!

格安SIMを提供している会社は、大手キャリアから回線を貸してもらってサービスを提供しています。そのおかげで設備に資金が必要ないので安いスマホ代を実現できているのですが、やっぱりデメリットもあります。

大手キャリアから借りている回線は、ごく一部のため利用者が込み合う時間ではネット通信速度の低下が起こります。例えば電車で考えてみます。大手キャリアA社が10本の線路を持っていて、そのうち1本を格安SIMのB社が借りるとします。通勤ラッシュ時にA社は余裕で電車に乗れますが、B社は線路が1本のため乗れない人もたくさん出てきてしまいます。

格安SIMは料金は安いが”速度がネック”と言われていて、利用者数が増える平日のお昼や夕方~夜に回線が込み合い通信が不安定になることが多いのです。

UQモバイルはWiMAXの回線を自社で持ち、その回線をおなじKDDIグループのauに提供しています。代わりに電話回線をauから提供してもらう関係なので、グループ会社として運営しているので回線が込み合う時でも快適に利用できます。

ポイント!

【格安SIM】回線の一部をレンタルしているため、混雑時にはネットの速度低下してしまう。
【大手キャリア】自社で回線を持っているので、キャパシティが大きく混雑時にも余裕がある。

【UQモバイル】ネット回線と電話回線をauと分かち合っているため、混雑時にも強い。

UQモバイルとドコモのデータ通信速度を比べてみた!

 

平日昼過ぎ
docomo
ダウンロード…16.91Mbps/アップロード…1.24Mbps
UQモバイル
ダウンロード…31.63Mbps/アップロード…8.98Mbps

□使用したスマホはドコモ版のSIM解除したiPhone6Sです。

結論から言うと、平日の昼過ぎの込み合う時間を管理人が計測した結果、圧倒的にUQモバイルがドコモよりも通信速度が速いということになりました。

なんかドコモの回線が遅いなぁと感じていたので、予想以上の結果に管理人は驚きました!

他の時間帯にも計測しているので、速度計測の情報はこちらの記事をみてください↓

これは乗り換え時に測定したものですが、乗り換え後もどの時間帯でもUQモバイルは快適に使えています!

UQモバイルはサポートも充実!

UQモバイルのサポートが充実している点も満足度につながっていると思います。

電話はもちろん、チャットでも何か困ったことがあればUQモバイルのスタッフさんが親切に対応してくれます。何度か管理人はお世話になっていますが、毎回知りたいことを教えてもらって助かっています!

格安SIMの会社は人件費を抑えるためスタッフを減らしていることが多く、電話がつながらなかったり、チャットの受付口があるのに返信がなかったり…するところもあるのですが、UQモバイルはしっかり対応してくれます。

UQモバイルはKDDIグループ!auのサブブランド

UQモバイルはauを展開するKDDIのグループ会社です。auからみるとUQモバイルはサブブランドといった立ち位置になります。

最初はKDDIはauのみでUQモバイルを作るつもりはなかったんですが(笑)、ドコモの格安SIMやソフトバンクの格安SIMがどんどん伸びていきauからの転出が目立つようになりました。そこでKDDIはグループ内に格安SIMの会社を作ることで、ドコモやソフトバンクに行ってしまうユーザーを食い止めようとしました。

それでできたのがUQモバイルのサービスです。ちょっとドコモとソフトバンクに遅れる形だったので、差別化を図るため、ただ安いというよりも品質重視!といったグループの強みを活かすテイストでUQモバイルを仕上げています。

UQモバイルに向いている人

UQモバイルに向いていない人は『とにかく料金を安くしたいひと』でした。それはUQモバイルのサービスがキャリアと格安SIMの会社(MVNO)の真ん中の位置だったからです。

では反対にUQモバイルに向いている人はどんな人でしょう?!

UQモバイルが向いている人
  1. 大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)を使っている人
  2. キャリアの時と同じ使い心地を求める人
  3. はじめて格安SIMを利用する人
  4. 他の格安SIMで通信速度に不満がある場合

こんな人は特にUQモバイルがおすすめです!

ドコモ(docomo)/au/ソフトバンク(SoftBank)ユーザーの人!

現在大手キャリアを使っていて2,000円以上スマホ代を支払っているなら、UQモバイルに乗り換えるとスマホ代が安くなります。契約しているプランにもよりますが、キャリアはパケット代が高い傾向にあります。その点、UQモバイルでは『ぴったりプラン/おしゃべりプラン』など通話とデータ通信が込みこみになったプランでも、2,000円ほどから使用できます!

管理人の場合は、ドコモからUQモバイルに乗り換えて2年で考えると88,000円の節約になります。もしも家族がいる場合はUQモバイルは家族割もあるので、さらにお得になります!

キャリアの時と同じ使い心地を求める人

現在ドコモ/au/ソフトバンクを使っていて、そのキャリアを使っている感覚でスマホ代を安くしたい人はUQモバイルが向いています。

UQモバイルはKDDIのグループ会社でauの回線を利用していて、ネット通信は混雑にも強いです。月額料金が他の格安SIMよりも少し高い分、安定したサービスでキャリア使用時と大差ない使い心地です。

UQモバイルはauの電波を利用しているので、離島などに居住でドコモやソフトバンクからの乗り換えの時はカバーされている地域かどうかのチェックは必要ですね。管理人は田舎住まいですが、ドコモからUQモバイルに変更しましたが電波が悪いといったことはありません。

料金プランも使いやすく、格安SIMには珍しく無料通話もついているのもおすすめです。

料金プランについて詳しく書いた記事はこちらです↓

はじめて格安SIMを使う場合

はじめて格安SIMを使う場合、UQモバイルはauのグループ会社なのでおすすめします。格安SIMは多くの会社が存在し評判の良くない会社もあります。UQモバイルは大手が手掛けているサービスなので、いろいろな点でやっぱり安心です。

まとめ

UQモバイルは向いている人と向いていない人がいます。

UQモバイルが向いていない人
  • 一番の優先事項が月額料金が安いこと!
  • とにかくスマホ代を安くすることを追求する場合

UQモバイルの利用料金は格安SIMの中では、少し高めの設定になっています。

スマホ代をとにかく安くしたい場合は、UQモバイルよりも他社の格安SIMが向いているといえます。

UQモバイルが向いている人
  1. 大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)を使っている人
  2. キャリアの時と同じ使い心地を求める人
  3. はじめて格安SIMを利用する人
  4. 他の格安SIMで通信速度に不満がある場合

UQモバイルの良さはキャリアと変わらない使い心地です。回線が込み合う時間でも快適にスマホを利用することができます。さらに大手キャリアと比べるともちろん利用料金も安いです!

UQモバイルはKDDIのグループ会社auのサブブランドとしての位置づけなので、格安SIMデビューの方にも安心して使ってもらえると思います。

 

◇乗り換え方法を詳しく知りたい場合はこちら!