SIMロック解除ができない!【エラーコード43121】と表示される

SIMロック解除はドコモのサイトであるMydocomoからがオススメ。
なぜならMydocomoからSIMロック解除を申し込むと無料でできるからです。

 

SIMロック解除をMydocomoから行う詳しい方法は専門記事を参考にしてください。

 

持っているiPhoneのSIMロック解除をドコモのMydocomoのサイトから行うと、たまに【エラーコード43121】と表示され解除できないことがあります。今回はその原因と解除方法をご紹介します。

ドコモ(docomo)のiPhoneで表示される【エラーコード43121】とは?

管理人はiPhone6Sを愛用、エラーコード43121と表示されSIMロック解除がスムーズに出来なかった人です。

一緒に作業した従姉妹のiPhone6Sでは、エラーコードも表示されずあっさりSIMロック解除ができたのに…

 

iPhoneにエラーコード43121が表示された理由

エラーコードが出た原因は『iPhone6Sを修理したことがある』ということ。

iPhone6Sを修理した場合、端末を新規で交換している場合があります。管理人の場合は液晶にドット抜けと呼ばれる症状が出て、iPhone6Sを別のiPhone6Sと無償交換してもらいました。

 

ドット抜けと無償修理の詳しい記事は管理人の別サイトで紹介しています。

修理の予約方法等も書いていますので参考にしてみてください↓

 

この無償でiPhone6Sを交換してもらったことが【エラーコード43121】の原因になりました。

 

iPhoneを修理で交換したらエラーコード43121が出る?!

iPhoneを修理して同じ端末が手元に戻ってきた場合は、MydocomoからSIMロック解除してもエラーは出ません。

新品に交換になった時などiPhoneの交換が発生した場合にエラーコードが出ます。

これは最初ドコモでiPhoneを購入した時にドコモのシステム内で紐づいている最初のiphoneのシリアル番号が、修理後したiPhoneのシリアル番号に変更になっていないことが要因になっています。

■購入時
管理人の手元=iPhone6S…シリアル番号AAAAAAA
■修理後
管理人の手元=iPhone6S…シリアル番号BBBBBBB
*手元にあるのはBBBBBBB、しかしドコモのシステム上はAAAAAAAのままである

つまり、MydocomoからSIMロック解除をしようとしても、手持ちのiPhoneの所有者としてドコモのシステムに登録されていないのでSIMロック解除を受け付けてもらえないのです。

 

【エラーコード43121】が出た場合の解決方法

ドコモのシステム情報を今持っているiPhoneのシリアル番号に変更してもらう必要があるため、Mydocomoから自力でSIMロック解除するのは不可能です。

管理人の場合はiPhone6Sにドット抜けを発見し、アップル正規プロバイダ認定店舗である『カメラのキタムラ』で修理をお願いしていました。

その際に修理内容書をもらっていたので、『カメラのキタムラ』へ電話で問い合わせてみました。すると、修理するお店ではシリアル番号の変更はできないとのことでした。

この解答でドコモのシステムが原因だ!と管理人はやっと気が付いたのです。。。

修理してもらったお店では、シリアル番号の変更がシステム上できないとのことなので、交換修理しているiPhoneはSIMロック解除時に【エラーコード43121】が出ることになります。

 

ドコモショップで無料でSIMロック解除してもらえる!

修理内容書を持ってドコモショップへ行けば無料でSIMロック解除をしてもらえます。

本来ならドコモショップで単純にSIMロック解除をお願いすると、手数料として3,000円が必要になります。

しかし「MydocomでSIMロック解除をしたが【エラーコード43121】と表示されてできない。交換修理履歴があるので確認して欲しい。」と言い、修理内容書と今持っているiPhoneをドコモの担当者に渡せば無料でSIMロック解除をしてもらうことができます!

大切なのは「SIMロック解除をMydocomoから行ったけれど、解除できなかった。」と言うことです。そうしないと手数料を要求される可能性があります。

修理内容書にはiPhoneを交換したという履歴が記されているので、重要な書類となります。iPhoneを盗んでSIMロック解除して使おうとしているという疑いが晴れます!これによりスムーズにSIMロック解除してもらえます。

管理人管理人

【エラーコード43121】が出てSIMロック解除ができない場合は、ドコモショップへ行きましょう!

 

来店予約を利用して待ち時間を短くしよう!

docomo来店予約ここから予約サイトへ行けます

ドコモショップってとても混んでいて待ち時間が長くて困りますよね。WEBの『来店予約』を利用すれば待ち時間を少なくできます!

ドコモショップは混雑していることが非常に多いです。1件当たりの案件に時間がかかっていることが多く、1時間以上待つことも多いでしょう。

前もって予約することで優先的に案内してもらうことができるので、来店予約制度を利用するのがオススメです!

 

【エラーコード43121】についてのまとめ

MydocomoからSIMロック解除をしようとしても【エラーコード43121】が出てしまう場合があります。

【エラーコード43121】が出る場合は、iPhoneを交換修理したことが原因になっています。

交換修理をしたことで、ドコモのシステム内の情報と現在保有しているiPhoneのシリアル番号が不一致となりSIMロック解除ができなくなっています。

SIMロック解除をするにはドコモショップへ行って手続きをしてもらえばOKです。その際に、修理証明書を忘れず持っていきましょう!

ドコモショップでのSIMロック解除は、本来ならば3,000円が必要になりますが「エラーコード43121が出て、MydocomoからSIMロック解除できなかった」と伝えれば無料で実施してもらえます

ドコモショップへ行く際は、来店予約を利用するのがオススメです!予約しておけば待ち時間が短くて済みます。

SIMロック解除すれば、UQモバイルに乗り換えることができますね!

管理人はドコモからUQモバイルに乗り換えをして、月額使用料が6,000円から2,000円になりました!どれだけ安くなったかはこちらの記事にまとめてあります→(『ドコモとUQモバイル』3ヶ月間のスマホ代比較!UQなら月額料金60%OFF!

SIMロック解除後の流れ

ドコモショップに行って無事にSIMロック解除の手続きを終えれば、次はMNP予約番号の入手です。

MNPは『ナンバーポータビリティー』というシステムで、今使っているスマホの番号をそのまま次の携帯会社でも引き続き使えるものです。例えばドコモからUQモバイルに乗り換えても、今使っているスマホの電話番号をそのまま継続して利用できます!

MNP予約番号は入手から使える期限が決まっていますが、入手は無料ですし何度でも取得することができます。

MNP予約番号の入手はこちらの専用記事を参考に進めてくださいね↓

ドコモからUQモバイルへの詳しい乗り換え方法はこちら(【保存版】ドコモ(docomo)からUQモバイルへMNPで乗り換える方法)を参考にしてみてください!

今なら現金キャッシュバックキャンペーン実施中!

今なら最大13,000円のキャッシュバックに加え、初期費用3,000円も無料になるキャンペーンが開催されています!

詳しくは専用記事をご覧ください↓